読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんにちわーみー

ブログの内容の8割は浦和と特撮だ。そこから先はおまけみたいなもんだ。

愛とか恋とかそういう話

こんばんわーみー。

まず初めに確認させてください。

 

今回のタイトル確認しましたか?

 

もし確認していなかったら確認してください。

99%の興味無い方はそこでそのまま、そっと閉じることをオススメします。

1%に満たないであろうもの好きそこの貴方。お付き合い感謝致しますがあとで後悔しても責任は負えません。引き返すなら今です。

 

なぜ、こんな話をしようと思ったか。きっかけは職場のパートさんの一言でした。

 

「わーみーさんはラブラブですか?」

 

私は思った。『この人は急に何を言い出すんだろう・・』

本当に前後の文脈無く言い出したので戸惑いながらも私には春から一緒に暮らしている同居人がいるので、そのことだとは察しがついた。

ただ、何と答えるべきか。33歳の男が「ラブラブでーす」なんて答えようものなら「リア充死すべし」と映画のタイトルが如く罵られること請け合い。

それ以上に交際も5年近くになるとラブラブというには鮮度が落ちるのは否めない。ただ別に当然飽きたわけでもないし不満も無い。普通に楽しくやっている、返答に困ったが結局はそれをそのまま伝えた。

パートさんは私よりひとつ年上ではあるがなかなか乙女なようだ。

 

「ドキドキとかしたくないですか?」

 

女子というものは常にそういったものを求めるものなのだろうか。いや、男でもそういう人はいるから一概には言えないかもしれない。

「でも、そういうの続かなくないですか?」と応じると「そうなんですよー」とアッサリ答えた。

 私はドキドキとかそういうものは長くは続かない、と思っている。もちろんそれが続けば素晴らしいと思う。ただやっぱり現実的には難しい。

恋愛に限らず強い感情は大きければ大きいほど、それを維持するのは困難になる。恋愛におけるドキドキはブームみたいなもので、いつかは必ず落ち着く。

私はそれは悲しむべきじゃなく受け入れるべきことだと思っている。

それが出来ずに物足りなさを感じるカップルは続かなかったり、場合によっては浮気に走ってしまったりするのかなと。

 パートさんに言いたかったけど言えなかった言葉がある。

 

 

 

「一緒に居てドキドキするのが「恋」だとしたら、ドキドキしなくなっても一緒にいたい、って思えるのが「愛」なんじゃないですかね」

 

 

 

ここで読むのをやめないでください

 

 

まあでも本当に長く続くかどうかってそういうところなんじゃないかと。例えば片方が100%好きでも片方が70%くらいだと、100の方が気持ちの差に物足りなくなったりするだろうし、それならお互い80くらいの方が長続きしそう。

 

そして書きたいことを書き終えた私はとてもスッキリしています。

さすがに口に出して言えるほど強心臓ではないので・・

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もちろんそんなつもりはさらさらありませんが、もしかしたら「惚気かよ!」と受け取る方もいるかもしれません。ですが後悔としても先に宣言した通り責任は負えません。読み終えた方々のつぶやきが聞こえてくるようです。

 

リア充死すべし」